Let'sosmart!

事業拡大に備えてシステム導入で人事労務管理業務の効率化を図ろう

大量の資料

スタートアップの時期を卒業して事業の拡大を図って行こうとする際、意外な盲点になるのが、人事・労務管理関連業務の効率化です。人事や労務管理は、単純に、人が増えれば業務が増えるというタイプの仕事であり、大幅な増員、大量採用などする予定であれば、それに先立って、あるいは遅くとも同時並行で、人事労務管理システムを導入しましょう。そうすることで、膨大な量に増えることが見込まれる人事・労務管理業務を簡素化することが可能になります。
例えば、採用が決まった社員に関しては、様々な情報を書類に記入・提出してもらい、上長確認済のものを人事でデータベース化するといった作業が発生します。システム導入済であれば、社員本人に直接入力してもらい、上長の確認が必要な内容のものは、システム内で上長に転送、上長はその内容を画面上で確認・承認して、人事に転送するだけで済みます。確認の結果、問題があれば、これもシステム上で差し戻しが可能です。書類を一切作成しないため、例えば、遠隔地の事業所に所属する社員であっても、配属になった事業所からシステムにアクセスして、必要な手続きを全て完了させることが出来ます。
大幅な人員増があっても、それによって人事関連業務が何倍にも膨れ上がるのを効率化によって防ぐことができる人事労務管理システム。是非、活用を検討してみましょう。

Information

PCで作業する女性

書類ベース業務の電子化でストレス軽減できる人事労務管理システム

会社の仕事の中には、書類でやり取りすることがメインのものと、電子的に処理されるものとが混在して…

more read

作業の俯瞰

効率の上でメリットが多い人事労務管理業務のシステム化

勤怠管理や給与計算、労務管理など、人事に関連した業務を紙ベースで行っている会社も沢山あるでしょ…

more read

大量の資料

事業拡大に備えてシステム導入で人事労務管理業務の効率化を図ろう

スタートアップの時期を卒業して事業の拡大を図って行こうとする際、意外な盲点になるのが、人事・労…

more read

時計

効率化と省スペースによる経済的メリット大の人事労務管理システム

現在、自社で、人事と労務管理の諸業務のために、どれだけのリソースが消費されているか正確に把握さ…

more read