Let'sosmart!

効率化と省スペースによる経済的メリット大の人事労務管理システム

時計

現在、自社で、人事と労務管理の諸業務のために、どれだけのリソースが消費されているか正確に把握されているでしょうか。ことに、人事と労務管理業務をペーパーベースで行っている場合、相当な手間と時間、書類保管のためのスペースが使われているでしょう。社内で保管場所が確保できず、外部倉庫を活用しているところもあるでしょうし、そんな場合、外部倉庫の利用料も会社にとっては負担になっているのではないでしょうか。
人事労務管理システムを導入すると、この労力とスペースを大幅に減らすことが可能になります。システム内で、労務管理、勤怠管理、そして給与や社会保険関連の申請・発行手続きなどを処理することが出来るため、こうした業務に費やされている紙は、ほぼすべて使わなくて済むようになります。従って、保管場所の確保も不要となり、外部倉庫の借りるスペースを小さくして、経費節減につなげることが出来るでしょう。ペーパーベースでやり取りをしていると、書式違いによる書き直しや申請しなおし、記載方法の説明や問い合わせに対応する手間暇など、何かと作業が増える傾向があります。
システムで電子的に処理することで、手続きに付随して発生する追加業務もかなりの部分はカットできるでしょう。その分、人事担当者、従業員自身、そしてマネージャの残業時間も減らせるはずです。

Information

PCで作業する女性

書類ベース業務の電子化でストレス軽減できる人事労務管理システム

会社の仕事の中には、書類でやり取りすることがメインのものと、電子的に処理されるものとが混在して…

more read

作業の俯瞰

効率の上でメリットが多い人事労務管理業務のシステム化

勤怠管理や給与計算、労務管理など、人事に関連した業務を紙ベースで行っている会社も沢山あるでしょ…

more read

大量の資料

事業拡大に備えてシステム導入で人事労務管理業務の効率化を図ろう

スタートアップの時期を卒業して事業の拡大を図って行こうとする際、意外な盲点になるのが、人事・労…

more read

時計

効率化と省スペースによる経済的メリット大の人事労務管理システム

現在、自社で、人事と労務管理の諸業務のために、どれだけのリソースが消費されているか正確に把握さ…

more read